3-5.固形腫瘍の検査(胃がんの遺伝子検査)

ヒトの遺伝子検査の実際

3-5.固形腫瘍の検査(胃がんの遺伝子検査)


3-5.固形腫瘍の検査(胃がんの遺伝子検査)

胃がんの遺伝子検査

胃では、胃の粘膜から発生する一般な「胃がん」の他に、粘膜の下の間質から発生する
消化管間質腫瘍と言う鑑別の困難な「がん」が発生することがあります。


この消化管間質腫瘍にも悪性度の高いのもから低悪性度のものまであり、その判定には
困難なことがあります。


そこでその悪性度を調べるために遺伝子検査を行うことがあります。


方法は上図のように、消化管間質腫瘍の組織の一部を採取して、遺伝子(DNA)を
抽出します。


抽出した遺伝子(DNA)を用いて消化管間質腫瘍の関連遺伝子の変異を起こしやすい
領域を増幅させます。


その関連遺伝子の特定領域の塩基配列をシークエンサーを用いて正確に調べます。


その関連遺伝子のある特定の部位に変異があるタイプの消化管間質腫瘍では、悪性度
が高く特殊な薬であるイマチニブが有効であると言われています。








★当サイトのコンテンツ内容は著作権法により無断で転用、複製等することはできません。★
Last UpDate 2013年12月27日


はじめに


わかりやすい遺伝子の基礎知識


遺伝子検査は何のために必要か?


ヒトの遺伝子検査とは?


ヒトの遺伝子検査の実際


お問い合わせ