遺伝子検査をやさしく解説! 誰でもわかる遺伝子検査事典

誰でもわかる遺伝子検査

近年、遺伝子検査を行うことによって、一人ひとりの詳細な体質やその人だけの生活習慣病やがんの原因が分かるようになってきています。遺伝子を検査することによって、その人だけに最も適合した特別なダイエット法までもが提供される時代になっています。しかし、私たち一般市民にとっては専門用語や難解な原理などが立ちはだかり、遺伝子検査とはどの様なものなのかよく理解できていないのが現状です。
そこで、このサイトでは遺伝子検査とはどの様なものなのか、誰でもが分かりやすい様に出来るだけやさしく説明してあります。理解しやすさを優先しているため、一部正確に表現できない部分がありますのでご了承ください。このサイトが遺伝子検査を理解するために、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

誰でもわかる遺伝子検査事典 項目一覧

DNAらせん【はじめに】

カテゴリー1古来から、なぜオタマジャクシはカエルになるのか?なぜ子供は親に似てくるのか?これらの形や性格に表れる遺伝についての研究が行われてきましたが、その遺伝する原因がどこに隠されているのかがはっきりしていませんでした。しかし、これらの遺伝情報が染色体上のDNA(遺伝子)にあることが解明されると、たちまち遺伝子に関する研究が活発に行われ、遺伝子検査や遺伝子治療にまで発展するようになったのです。そして現在では、遺伝子検査、遺伝子診断、遺伝子ダイエット、肥満遺伝子、DNA鑑定、親子鑑定、遺伝子組み換え、DNAチップ、癌遺伝子、癌抑制遺伝子、乳がんHER2遺伝子、遺伝子治療など、多くの遺伝子に関わる検査、解析、研究が盛んに行われています。

  【わかりやすい遺伝子の基礎知識】

カテゴリー2ヒトのからだは約60兆個の細胞からできています。 これら全ての細胞内には核が存在し、その核内には決まった数の染色体が存在しています。染色体は4種類の塩基からなる2重らせん構造をしたDNAが何重にも折り重なってできています。この細長いDNAの決まった領域に遺伝情報が含まれており「遺伝子」と呼ばれています。DNA上にはヒトゲノムプロジェクト終了後には約3〜4万種類の遺伝子があると想定されています。これらの遺伝子の持つ遺伝情報によって、それぞれ決まった「数」と決まった「型」の細胞になり、からだの組織や臓器をつくりあげているのです。ですからDNA上の遺伝子領域に異常があればそのまま間違った情報が伝わり異常なタンパク質が作られてしまいます。異常なタンパク質を持った細胞は正常な働きが出来ません。つまり様々な疾患やがんになってしまうのです。

  【遺伝子検査は何のために必要か?】

カテゴリー3DNAの分子構造がジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックによって発見されてからは、細胞生物学をはじめ分子生物学などのDNAに関する学問が飛躍的に発展・進歩しました。その結果、様々な分野でのDNAつまり遺伝子に関する研究が盛んになり、さらにはその研究は医学にまで発展し応用出来るようにまでなったのです。つまり様々な分野でのDNA(遺伝子)解析や研究の結果、ヒトのがんや生活習慣病などに関する診療の目的にまで発展したのです。

  【ヒトの遺伝子検査とは?】

カテゴリー41990年から始まった世界的規模のヒトゲノムプロジェクトは、予定より大幅に短縮され2000年には完了し、ヒトDNAの全ての塩基配列が解読されました。つまり、気の遠くなるような塩基配列(約30億対)がすべて解明したのです。これからは、これらのデータをもとにして更なる研究が推し進められています。つまり個人個人の体質にあったオーダーメイド医療の実現化が始まっています。もちろん遺伝子情報は究極の個人情報なので、その取り扱いには指針やガイドライン、個人情報保護法が絡んできます。特にがんになる可能性をも推測できる情報なので、がん保険会社などへの情報漏れが気になるところです。遺伝子検査の前に保険に入ってしまうのもひとつの方法?

  【ヒトの遺伝子検査の実際】

カテゴリー5医学で用いられている遺伝子検査には、1.感染症の遺伝子検査 2.遺伝病の遺伝子検査 3.造血器腫瘍の遺伝子検査(白血病など) 4.固形腫瘍の遺伝子検査(肺がん、乳がんなど) 5.遺伝子多型解析などがあります。これらの遺伝子検査は、病気の種類の決定やがんなどの悪性度を推定する 貴重なデータとなります。そして、このデータをもとにその人に最も適した治療法(遺伝子治療など)が可能になってきます。また、将来にわたって病気やがんになる可能性も推測できるので、その遺伝情報の取り扱いには特に注意が必要となります。

   【遺伝子関連相互リンク集】

カテゴリー6当サイト「誰でもわかる遺伝子検査事典」は基本的にはリンクフリーです。しかし、アダルト関連のサイト様およびリンクのみのサイト様はご遠慮願います。また、当サイトでは遺伝子および遺伝子検査関連のサイト様と相互リンクを募集しております。相互リンクのご希望の方は、貴サイトに当サイトのリンクを登録を済ませてから連絡をお願い致します。


★当サイトのコンテンツ内容は著作権法により無断で転用、複製等することはできません。★
Last UpDate 2013年12月27日

はじめに



わかりやすい遺伝子の基礎知識



遺伝子検査は何のために必要か?



ヒトの遺伝子検査とは?



ヒトの遺伝子検査の実際



お問い合わせ